共に、成長する薬局。

株式会社 勝山薬局

 私たちは、会社とスタッフが、共に成長していこうという姿勢を崩しません。

 

老舗薬局としての患者様からの期待・信頼は高く、そして誇りもあります。

 

しかし、私たちは伝統に安住することなく、常に新しく、成長する薬局でありたい。

 

私たちが成長することで、多くの人に貢献できるから。

私たちの成長と共に、もっと地域へ貢献できる。

 

そう信じて、私たちは歩んできました。

 

健康と笑顔のために、できるかぎり、最高をめざして。

 

かかりつけ薬局として、地域と多くの人に貢献していきたい。

 

大切なのは、患者様一人ひとり、スタッフ一人ひとりの幸福を願い、

 

しっかりと向き合って、話に耳をかたむけること。

 

よりそうこと。

勝山薬局は、あなた自身がしっかりと成長できる場を用意しています。

 

よりそうことは、高め合うこと。

 

決して“よりかかる”のではなく、より良い方へ進めるように切磋琢磨する。

 

そこに、あなたの力を貸してほしいのです。

 

あなたの成長する力、地域や患者様への想いを、私たちは決して無駄にしません。

 

なぜなら、私たちもまた、あなたと一緒にお仕事をさせて頂くことが

 

成長の場であるからです。

勝山薬局

スタッフインタビュー

一緒に成長していける場が、ここにあります。

患者様に、よりそい。

スタッフに、よりそい。

仕事に、よりそい。

地域に、よりそい。

服薬指導は通常立ったまま行う事が多いですが、私たちは椅子と机を準備し、しっかりとお話を聞きながら患者様の体調や副作用のチェックを行います。

足の不自由な方や、体調が優れずお席までの移動がつらい患者様の場合には、待ち合いの席まで薬剤師が出向き、服薬指導を行います。

お子さま連れの方が多い店舗では、待合室の椅子を低くし、アニメを放映するなどして快適な環境を整えていますので、お子さまとご一緒でも安心してご利用いただけます。

対面で座りながらの服薬指導

患者様の体調に配慮

お子さま連れでも快適

薬局は女性が多い職場です。もちろん、出産・育児のサポートは欠かせません。勝山薬局では、産前・産後休暇、育児休業の完全取得を進めており、女性が働きやすい環境を積極的に整えています。

年次有給休暇、介護休暇、慶弔休暇といった休暇制度を完備しています。そのほか各種社会保険はもちろん、退職金制度(勤続5年以上)や様々な助成金制度、社員割引制度なども充実しており、働きやすさ・学びやすさを重視し、社員の豊かな生活をサポートしていきます。歓送迎会や新年会などといった社内交流も盛んに行ない、違う店舗のスタッフとも顔を合わせ情報交換をする機会を設け、風通しの良い職場を目指しています。

【福利厚生及び各種制度の例】産前・産後休暇、育児休業制度、健康診断、インフルエンザ予防接種助成、薬剤師賠償責任保険、退職金制度(勤続5年以上)、各種社会保険完備(健康、厚生年金、雇用、労災)、勤労者サービスセンター入会助成制度、専門薬剤師資格手当制度、社員割引制度、各種レクレーション(納涼祭、新年会、歓送迎会など)

女性スタッフへのサポート

福利厚生

長年ご愛顧いただいている地域へ広く貢献するため、各店舗周辺のごみひろいを毎日行なうように心がけております。

かつて薬剤師は「町の科学者」と言われ多くの人々に信頼されてきた存在です。かかりつけ薬局・よりそい薬局として地域の方々の為に私たちができる事は、お薬の処方だけではなく「健康寿命を延ばし、病気を予防すること」です。勝山薬局では、地域住民の方々に向けた「食事、運動、睡眠、ストレス」に着目した無料の健康セミナーを開催しています。薬局発の信頼ある情報発信を積極的に行い、薬局への信頼を高めていくことをめざしています。

ごみひろい運動

健康セミナーの開催

scroll

スモールステップ方式で、学んでいく項目を細分化した総合的な研修プログラム。特徴的な店舗にて、1店舗当たり3ヶ月の研修を3店舗経験しながら、ワンステップに目標を定め一歩ずつ着実に学習、成長していける環境です。薬剤師として、社会人として「一人前になる」ことを目指し、1年間をかけて総合的に研修を重ねていきます。

【研修の例】ビジネスマナー、接遇マナー、薬剤師論理感、OTC研修、法規、小児科の薬物療法、透析患者の薬物療法、妊婦・授乳婦について、サプリメントについて、抗がん治療、精神疾患、高齢者施設研修など、多岐にわたり学習していき、実際の現場で役立つ知識を身につけます。

社内研修会はスタッフの要望に基づいて内容を決めています。学びたいことを学べる環境が整っています。提携先である「アナウンス倶楽部」の講師による体系的な接遇(おもてなし)研修や、月1回社内にて開催する医薬品の最新情報や疾患についての勉強会、地域薬剤師会主催の勉強会など、社内や地域において多くの学びの場を設けております。

会社が費用を全額負担し、インターネットを使った学習制度「e-ラーニング」の受講により、認定薬剤師の資格取得を推奨しています。研修認定薬剤師、漢方・生薬認定薬剤師、認定実務実習指導薬剤師などの専門薬剤師資格の手当制度を設けています。また、classAコンベンションなどの場で学会発表も積極的に行っております。

新人研修

全体研修

その他

「選ばれる薬局を」

勝山薬局 住吉店 薬剤師

川口 貴子

第一薬科大学卒業 平成25年4月入社

 

―現在の業務内容を教えてください。

処方せんを元に調剤をして、市販薬を含めて併用薬(飲み合わせ)や、相互作用のチェック、病歴の確認や、患者様に服薬指導をするのが主な仕事です。いかに患者様に処方されたお薬をきちんと服用していただけるかを、ご家族やご本人、ときにはヘルパーの方と考えて、その情報を病院にフィードバックすることもあります。大きな官公立の病院とかだと、どうしても忙しかったりで、なかなか先生のもとまで情報が行くことがなかったりもするんですが、勝山薬局は病院がすぐ近くなので、先生もよくお電話をくださいますし、病院のスタッフともすぐに話し合いができるのでいいですね。

―入社から今までで、嬉しかったことや幸せを感じた出来事は?

ご家族の方の看病等の悩みだとか、ご本人の不安だとか、そういうことを「薬局の窓口で相談できて良かった、ありがとう」と言ってくださると、とても嬉しいです。患者様やご家族の方が、心を開いてくださることが一番嬉しいことですね。

 

―具体的にはどんなエピソードがありますか?

たとえば…旦那さんが痴ほうになられた女性の方で、「旦那さんが自分の思うように行動してくれない」ということでストレスを感じてしまって、その女性自身も、動悸がしたりイライラしたりするようになってしまったというお話を伺って、『旦那さんも、悪気があってそうしているわけではなくて、本当は一生懸命行動されてるのかもしれないですよ』とお伝えしたところ、「ああ、そういう見方もあるのね」とおっしゃっていただけて。第三者の、私たち外部の者からの見方、考え方を知ることができて良かったと感謝して頂けました。

―今、頑張っていることや目標としていることは?

まだまだ私自身、成長過程ではあるんですけど、専門知識の提供はもちろん、安心して薬を受け取っていただけることや、なかなか言えないことを薬局では話せるだとか、そういった「心のサービス」を提供できる、満足していただける薬局をめざしていきたいですね。地元に根付いた薬局なので、期待や信頼の度合いっていうのはすごい高いと思うんです。なので、それをより伸ばしていけたらなと思います。

 

―川口さんにとって、「勝山薬局」とは?

勝山薬局は私にとって、自分のやりがいを感じさせてくれるところだったり、自分のすべきことを気づかせてくれる場所ですね。そして何より、地域へ貢献するということを意識させてくれる場所です。

 

―最後に、採用希望者の方へのメッセージをお願いします。

勝山薬局は、研修制度や勉強会も多く、学べる環境のある職場です。私自身は、勝山薬局は歴史もあって、「地域密着」というのを強く感じていて、昔から皆が知っている薬局ということで入社を希望したんです。「地元長崎を大切にしている会社なんだな」というのが、採用面接のときに大嶋社長からすごく伝わってきて。その想いを伺って、入社しようと強く思いました。やっぱり、仕事をしながら地域に貢献していきたいっていう気持ちがあって、それを満たせる職場というのはすごく大きいです。また、県内に店舗がいくつかあるので、情報の共有ができるというのもすごくいいと思います。長崎には、他の薬局さんの数も多いので、違いをわかってもらったり、勝山薬局の名前をどうやって知って頂けるかということも大事だと思います。ぜひ、「選ばれる薬局」を私たちと一緒につくっていきましょう!

―患者様と向き合う上で意識・大切にしていることは?

やっぱり心を開いて相談して頂くというのはなかなか難しいことなので、いかにコミュニケーションをとって、不安を取り除いてあげられるかがすごく大事ですね。できるだけこちらから声をかけることが大切です。「はい・いいえ」で返せるような問いかけだと、もうそこで終わっちゃうので、話してもらえるような質問の仕方を心がけています。会話のキャッチボールができるように…そうすることで、治療にも前向きに取り組んでもらえるんじゃないかと思っています。私はまだ勝山薬局に入って日が浅いので、患者様のほうも「初めて見る顔だな」っていうのが最初はあると思うので、今まさにコミュニケーションに力を入れているところですね。できるだけ笑顔で接するとか…普通にお薬を渡すだけだと、それで終わっちゃいますけど、何か会話をしたときには覚えてもらえると思うので。

「働く母として」

勝山薬局 茂里町店 薬剤師

田島 昌子

長崎大学卒業 平成23年11月入社

 

―現在の業務内容を教えてください。

透析患者様を含む腎臓内科と、原爆病院の患者様への調剤です。

 

―入社から今までで、辛かったことや苦労した出来事は?

具体的な話になってしまうんですが、ピロリ除菌の1次除菌に失敗して、2次除菌に進まれる患者様の、薬袋の記載確認を怠ってしまったことがあったんです。その2次除菌を、絶対に失敗したくない患者様だったこともあり、説明の方はとても詳しく行なったんです。けど、薬袋の方の記載ミスを見逃してしまって、結果的にお薬を少なめに処方してしまって…。それがわかった時が、一番つらかったです。確認は十分だと思っていたので、すごくショックでした。

―入社から今までで、嬉しかったことや幸せを感じた出来事は?

先程のピロリ除菌の患者様のお話の続きになるんですけれど。その患者様が2次除菌に成功したかどうかわかるまでの3ヶ月の間、患者様が逆にこちらを励ましてくれるような感じで、責められることもなくて。その処方ミスが判明した際に、病院の主治医の方に事情説明と謝罪に伺ったんですけれども、その先生から「いつもいろいろ助けてもらって感謝してます」とまず言ってもらえて、「今回のことは、もう同じミスが起きないようにこれからも対策をお願いします」と、特に責められることもなく前向きにつなげてくださったことが、一番嬉しかったことですね。2次除菌でそういう失敗をしてしまって、本当だったら患者様に訴えられたっておかしくない状況だったと思うんです。けれども、その主治医の先生と患者様の関係も良かったし、それまで私と、私だけじゃなくこの薬局自体がその患者様とうまく関係を作ってきた結果が、前向きに励ましていただけたことなのかな、と思います。そういう一つひとつのことが、いざという時にどういうふうに関わってくるのか、とても勉強になりました。

—田島さんにとって、「勝山薬局」とはどんなところですか?

一言で言えば、充実した仕事を提供してくれる場所ですね。大嶋社長からこのインタビューのお話を頂いた時に、「働く母」として何かメッセージをということだったんです。今、妊娠中なんですが、そんな中でも勉強に取り組みやすいように手助けしていただけるんです。月1回の勉強会だったり、インターネットでできる「e-ラーニング」の全額補助とか。自分でするには負担がかかるんですけど、ちゃんと学ぼうとしている人をサポートしてくださるので、とてもありがたいです。あと、社長ご自身が「患者様のお話をしっかりと聞く薬局」とはっきり明確にしてくださっているので、すごく仕事がしやすいです。そういうところから充実した仕事ができるようになっているのかなって思います。

 

—今、頑張っていることや目標としていることはありますか?

将来振り返った時、子供の成長具合とかも含めて後悔しないよう、これからも仕事と家庭を両立するのが目標です。

 

―最後に、採用希望者の方へのメッセージをお願いします。

私が就職をして、いくつか職場を変えて、やっと気づいたことなんですが、働く場があること、その職場に雇ってもらえているということにまず感謝しながら働いてほしいです。それが自分の働き方や意識にも出ますし、その結果、女性なら母親になっても働きやすい環境を自分で作っていけるんじゃないかなって。その権利があるからと甘えずに、仕事場では男も女もない…まあ女性はどうしても出産・子育てがあって大変なんですけど、職場に感謝しつつ、自分のできることをやる。そういう気持ちに最初から気づいていればよかったって私自身思うので。会社に信頼してもらえる人になろうっていう意識で勤め出せば、だいぶ違うんじゃないかなって思います。忙しい職場なんですけど、社長や各店舗の管理薬剤師との連携などもあって、仕事をしながらでも子育てしやすい環境をサポートしていただけるので、長く勤めたい方や、今はまだ結婚や子育てなんてって思っている方も、長い目で見て職場を選んでいただけたらと思います。

—勝山薬局を通じて、自分が変わった、成長したと思う部分は?

とにかく忙しい職場なんですけど、色々な仕事が同時進行で重なることが多いんです。最初は大変だったんですけど、今は患者様の優先順位だとか、仕事の割り振りが頭の中でスムーズにできるようになりました。今は患者様が待合室に来れば来るほど、電話が重なるほど、やる気が出ます。以前は「わー大変!」と思うのが先だったんですけど、どういう動き方をすれば、仕事をうまく捌けるっていうのがわかるようになって、やる気が出てくるようになりました。

 

—患者様と向き合う上で、意識している・大切にしていることは?

患者様の感情を無視した投薬をしないこと。決めつけてかからないこと。一度は笑顔になって帰ってもらうこと。この3つを意識しています。笑顔になって帰ってもらうっていうのはなかなか難しいと思うんですけど、話している間に一回でも笑顔になってもらえるような話し方をしようって思っています。

ぜひ一緒に、進んでいきましょう。

 

よりそって、最高の薬局をめざして。

募集要項・詳細

薬剤師 新卒採用

業務内容

調剤業務、監査、患者様への服薬指導や、健康に関するアドバイス等。

年俸432万円〜(別途諸手当あり)

店舗によるシフト制(週40時間)

日曜・祝日

年1回

なし

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、薬剤師損害賠償保険

産前・産後休暇、育児休業制度、健康診断、インフルエンザ予防接種助成、薬剤師賠償責任保険、退職金制度(勤続5年以上)、各種社会保険完備(健康、厚生年金、雇用、労災)、勤労者サービスセンター入会助成制度、専門薬剤師資格手当制度、社員割引制度、各種レクレーション(納涼祭、新年会、歓送迎会など)、特約店割引サービス、コンサートチケット等のあっせん・人間ドック受診費の助成など様々な特典が受けられる勤労者サービスセンター入会助成制度

待遇

勤務時間

休日

昇給

賞与

加入保険

福利厚生

募集要項

奨学金制度

薬学生を対象に奨学金制度を開始しました。学校生活が忙しくてアルバイトが出来ない方や、国家試験に集中したい方などに非常におすすめしたい制度です。ぜひ検討してみてください。

1.応募資格

■「薬剤師国家試験受験資格」が得られる国内の薬科大学薬学部の4年生・5年生・6年生であり、在学中の者。

■薬剤師免許取得済みの大学院生

2.募集人数 若干名

3.奨学金額 月額3万円(最大24ヶ月)

4.返還義務 薬剤師免許取得後、当社で3年間勤務した場合には、奨学金の返済を全額免除する。

詳しくは一度お問い合わせください。

薬剤師育成奨学金制度

採用に関する詳細はこちら

エントリーはこちらからどうぞ

 

また、話だけでも聞いてみたい、店舗見学だけでもしてみたい方も、

お気軽にお問い合わせください。

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

担当者からの連絡方法をお選びください:

お問い合わせの内容にチェックを入れてください:

  • プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

    株式会社勝山薬局(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報の保護を推進致します。

     

    個人情報の管理

    当社は、お客さまの個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

     

    個人情報の利用目的

    お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡やご質問に対する回答として、電子メールのご送付、電話での対応のみに利用いたします。

     

     

    個人情報の第三者への開示・提供の禁止

    当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、個人情報を第三者に開示いたしません。

     

    個人情報の安全対策

    当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

     

    当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。